20代まではなんともなかったのに、
突如として表れる肌の悩み。

30代に入ると感じてくる老化という恐ろしい影

老化の原因は女性ホルモンが大きくかかわっていると言われます。

なぜならば、
20代がもっとも多く分泌されるのに対し徐々に分泌量が減ってきます。

特に30代に入ってから急激に減ることで、
肌の乾燥、シワ、たるみといった症状が肌に見られるようになるのです。

髪にも影響があり、抜け毛にもつながり見た目年齢にもずいぶん影響してきます。

老化が影響で起きる症状を紹介します。

顕著に表れる抜け毛

薄毛と言えば男性だけのものとイメージが強いですが、
女性も薄毛に悩まれる人は多いです。
ただし、
女性と男性の薄毛は似ているようで抜け方が違います。

男性のと同じ方法では女性の薄毛に効果があるとは限りません。

女性の薄毛の場合、
髪のハリコシが細く弱まります。

毛穴から数本でていた髪の毛が1本ずつ細くなることで全体の密度少なくなり頭皮が透けてみえるようになります。

分け目やつむじが徐々に大きくなり気が付くことが多いです。

加齢

加齢ともに髪の毛根が弱まり起きる脱毛です。

女性ホルモンの低下

毛髪には女性ホルモンがきっても切れません。
産後の抜け毛にもおおきくかかわっており、
女性の抜け毛全般に大きくかかわってくるのが女性ホルモンエストロゲンです。
30代以降は徐々に女性ホルモンの分泌が少なくなり40代では大きく減少します。

肌の乾燥

気が付かれる人があまり少ないかもしれませんね。

なんでこんなに乾燥肌なのだろうか。
スキンケアはかかさないのに・・・
冬が近づくと粉ふいて、、、

とケアをしているのに乾燥するそれは・・

乾燥は老化の始まりだったのです。

粉をふく状態は肌が乾燥して水分が減っているからです。

肌が乾燥することターンオーバーが正常に行われません。

肌のくすみ
シミ、シワ
たるみ
ゴワツキ

などが見られるようになり、
どんなによい化粧品を使っても浸透しにくくなります。

頭皮にも影響がでます。

肌と頭皮も同じです。

頭皮が乾燥することで
頭皮が固くなります。
固くなることで顔がたるみがちになり血行も悪くなるため顔色もよくありません。

乾燥は頭皮トラブルの元にもなるので、抜け毛や薄毛と言った原因にもなります。

月経不順
無月経
自律神経失調症
うつ病
物忘れがひどくなる

などの症状も現れやすくなります。