子育てにより心身ともに疲れやすくなりました

30代後半になり、
2度の出産を経て、
体力面でも精神面でも色々と疲れがたまるようになりました。

子育に明け暮れる日々で、
メイクも洋服も髪型もおろそかにしているうちに、
女子力が大幅に減少したと感じます。

子どもがいると、
抱っこしたり追いかけまわしたりという事が多いので服装は常に汚れてもいいもの、
靴は走りやすいもの、
アクセサリーは危ないのでつけられず、
両手をあけておきたいのでリュックを背負う…。

さらに前には抱っこ紐もつけています。

おしゃれとは程遠い状態です。

異性の目を気にするというよりは、
ママ友など同性の目を気にして最低限の身だしなみを整えるので精一杯です。

そんな中で、
同じ状況のはずのママ友が、
きちんとおしゃれをしてきれいにしているのを見ると、
ついつい自分と比較してしまって落ち込むことがあります。

そういうママは「子どもが手がかからない大人しいタイプの子だからだ」などと言いがかり?をつけてしまう自分がまた悲しくもあります。

子どもがいても、
お金がなくても、
自分なりのおしゃれを楽しんでイキイキしている人はたくさんいます。

ただ、今の私にはその気力がなく、
自分にお金をかけるのはもったいないと思ってしまいます。

独身でOLだったころは自由にお買い物もしていたし、
定期的に美容院にも行っていました。

結婚して家計をやりくりするようになってからは、
どうがんばっても自分のお小遣いを捻出できず、
パートもしていますが生活費の一部です。

同じママでも、余裕のあるママはお金にも余裕があるんだと思ってしまいます。

経済力も女子力もなく、
子育てにも自信がないとなると落ち込むことが多くなります。

出産前は異性にチヤホヤされたり、
仕事でも感謝されたり、「若さ」が武器になりましたが、30代後半の今、母となってからはすべてが「やって当たり前」「できて当たり前」です。

ご飯を作るのも、
家族に合わせて生活するのも、
母だったら当たり前なのです。

そんな風に考えること自体、
疲れがたまっている証拠だと思います。

そんな私の唯一のストレス発散は、
フリマアプリのメルカリで家の不要品を売りまくることです。

少しずつ売上金がたまっていくのを見るのは嬉しいですし、
断捨離を兼ねてお金が入るので気分爽快です。

慣れてくると発送についてもかなり詳しくなり、
送料をなるべくおさえていかに利益を上げるかのポイントがわかってきます。

子ども服などはすぐに着られなくなってしまうので、
サイズアウトしたものは売り、
その売上金で必要なものを買うというのはとても効率的に感じます。

子育ては非効率、非生産的なものなのでそのギャップもあり、はまっています。

色々と落ち込むことはあっても、
子どもに恵まれたことは自分の人生で最大の出来事だと思っています。

もし結婚せずに仕事をしていたら、
いつまでも若々しく女性として過ごせるかもしれませんが、
それはそれで「自分は女性なのに子どもを残せなかった」罪悪感みたいなものにとりつかれると思います。

価値観は人それぞれなので正解はありませんが、
どの選択をしても人生は大変なんだなぁと40手前にして感じております。