まだ30代と思っていますが既に老化は始まっています。

お肌の曲がり角は25歳ともいわれています。

「自分にはまだ早い」

そんな風に思っていると、
「気づいた時には遅かった・・・」なんてことに。。。

アンチエイジングにはまだ早すぎる?

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです。
引用元:www.weblio.jp/content/アンチエイジング

若さを永久に保つことは不可能ですが、
若さを長く保つことは不可能ではありません。

若さを長く保つにはなるべく早くケアを始めるのが良策です。

アンチエイジングを始めるのに「ケアが早すぎる」ということはありません。

肌ではなく頭皮のアンチエイジングも必須

肌は誰もがケアを怠ることはないと思います。

ですが、
日常頭皮をケアしている人があまりいないのではないでしょうか。

顔なら鏡で見えますし
手、腕、足は自分でも確認できます。

ですが、
頭皮は髪の毛に覆われており老化による症状が現れていても気が付きにくい部位です。

冴えない顔色や、
顔のたるみ
くま
目元のたるみ

顔だけでなく
わけめ、つむじが広がる

そう、全て老化と共にやってきます。

訪れる加齢による髪の衰え

30代は特に気を付けたいのが髪の老化です。

加齢によって髪のハリコシが失われるだけでなく頭皮環境の悪化です。

ハリコシが弱くなるのは
毛根への栄養などを運ぶ機能が衰えるため髪の毛が細くなるのが原因です。

頭皮が環境の悪化は栄養を運ぶ機能が低下することで起きるものと
体内で生成される保湿物質が生成されにくくなることで起きる頭皮の乾燥です。

そうすると、
頭皮は保湿ができなくなるのでバリア機能が弱く外部からの刺激に弱くなり、
細菌の増殖を許してしまいがちになります。

外部からの刺激や細菌の増殖により頭皮は刺激を受け、
かゆみやフケが出るようになります。

さらに、乾燥して固くなった頭皮は
顔のたるみ、
目元のシワ、たるみ
顔色などにも影響を及ぼします。

ただでさえ、
毛の細胞が元気がなくなりハリコシが無い状態に追い打ちをかけるように
血行も悪くなるので栄養が髪の毛まで届かず髪は弱くなり抜け落ち薄毛となります。

その結果、
知らず知らずのうちに見た目年齢がとんでもないことになるのです。

見た目に影響する部分が全て頭皮が不健康になることが原因で起こります。

原因となる頭皮をアンチエイジングを行うことで

顔のトーンが明るくなる
顔のシワが気にならなくなる
目元にハリがでる
顔のたるみがなくなる
髪のボリュームが増えて見える
など、

あなたを印象付ける部分を改善できてしまうのです。

頭皮をアンチエイジングするためには

原因を取り除くのではなく足りないものを補う感覚で取り組むの有効です。

シャンプーを肌に優しいものへ替える

育毛剤を使い頭皮を保湿し栄養を浸透させましょう。

ホルモンバランスを整える
エストロゲンの減少で起こるものなので
エストロゲンと近い効果のある大豆製品を積極的にとりましょう。
キャベツ、小松菜、ブロッコリー

生活習慣を見直し成長ホルモンの分泌を促す
22:00~2:00までには寝ましょう。
この時間帯に眠ることが身体と脳が一番リラックスできます。
リラックスできるということは、
栄養が肌や髪にも運ばれやすくなります。

頭皮のアンチエイジングを行い
見た目年齢―10歳の美魔女を目指しましょう。