ウィッグや帽子は、紫外線からのダメージなどを頭皮や髪を守ってくれますが、
長時間の着用は頭がムレたり強い締め付けるため抜け毛が増加させる原因となります。

こんなことを言ってしまうと世の中の帽子屋さんを全て敵に回してしまいそうですね^^;

帽子は悪くはないんです。

長時間被るのが問題。長時間被っていると汗をかいて頭が蒸れてしまいます。

蒸れた状態でそのままにしておくてと雑菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。

特にスポーツ中に帽子を被っていると汗をたくさんかくので頭は蒸しぶろ状態。
雑菌が繁殖しまくりで毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴を詰まらせてしまうことで毛根にダメージを与えて抜けやすくなってしまうのです。

角質層が汗でふやけて汗がでる穴をふさぎ皮膚の中に汗が溜まるようになります。汗が皮膚の中で溜まることで、
内部で炎症が起きるこれが「あせも」の原因です。
湿疹やかゆみを伴うので抜け毛の原因に。

汗をかきやすい女性が薄毛を進行させてしまう高い理由の一つともいえるのではないでしょうか。

頭皮をキレイにすることで予防が可能です。

常に頭皮をキレイに保つことを心がけるようにしたほうがよさそうです。

どうしても帽子を被らなければならないときは、
まめに帽子を外して風通しをよくしたり
タオルで頻繁に拭くなどこころがけましょう。

では、帽子をかぶらなければいいの?
といいとそんなことはありません。

紫外線は、皮膚の奥底まで通りダメージを与えてしまいます。
光老化とう言葉を耳にしたことはありませんか?
これが紫外線が肌の奥底まで通ったことにより細胞を破壊し老化させてしまう症状です。

紫外線がしみ、そばかすなど影響があるのはご存知通りですが、
髪にはどうなってしまうのでしょうか。

紫外線が髪の色素メラニンを破壊し白髪のような印象を与えます。
システインとうい結合部分にもダメージを与えるため切れ毛枝毛といった症状も起こします。

頭皮への影響
髪に与える影響も深刻なのはお分かりいただけたとおりですが、
頭皮へはもっと深刻なダメージを残します。

頭皮への紫外線は身体の中で一番受ける個所とと言えます。
顔の3倍とも言われる紫外線を受けるダメージは、
頭皮をヒリヒリさせたり赤くさせたりします。

髪の毛を作る毛母細胞が紫外線で破壊されると髪の毛が生成さえなくなり抜け毛となってしまうだけでなく、
髪の毛を黒くする細胞も破壊され白髪増えます。

このように、紫外線の与える頭皮や髪へのダメージは深刻で油断はできません。