頭皮が身体の中で一番皮脂腺が多い場所というのはご存知ですか?

皮脂全てが髪に良くないわけではありません。

皮脂の中には、頭皮の保護をしたり髪の毛の成長を促す成分が含まれています。
余分な皮脂は取り除いてキレイにしないと雑菌の繁殖を招き頭皮の臭いや頭皮へのダメージに繋がります。

頭皮のバリア機能は身体全体の皮膚のバリア機能や保湿機能は低くなっており
必要以上に皮脂を取り除くことで頭皮保護力が低下しシャンプーなどの界面活性剤が浸透しやすくなったり
外部からの刺激に弱くなったりします。

さらに、保湿する機能も弱くなるため身体の内部から水分が逃げてガサガサと乾燥しがちになります。

頭皮のバリアが機能しなくなることで、頭皮は乾燥し頭皮トラブルを発生しやすい状態です。
あかみ・ふけ・かゆみ・吹き出物など
また、頭皮トラブルの症状が発生している肌は非常に敏感肌です。

なんとなく肌が敏感で軽い接触でもビリビリするような状態であればバリア機能が低下している状態といえます。

肌のバリア機能は、季節や身体の場所、男女により機能に強弱がありストレスによってこのバリア機能が低下することが分かっています。

このように、
余分な皮脂まで取り除くことで頭皮へのダメージは深刻となり頭皮と髪まで弱ってしまい、
抜け毛や薄毛になりかねません。

皮脂の除去しすぎには注意をしなければなりません。

抜け毛や薄毛に悩まれているのであれば、
シャンプーを見直し刺激の少ないものへ替えるのがよいでしょう。
産後の場合も肌がデリケートな状態ですので乾燥しやすく抜け毛を促進させてしまうこともあるので
肌に優しいシャンプーをお使いになられることがおすすめです。

▼30代に使ってほしいおすすめの無添加シャンプーこちらをクリック▼
臭い訴求