顔のたるみが気になりはじめると気になり続ける顔のたるみ。

躍起になって
スキンケア商品を買いあさってみたり
マッサージしてたり
ケアはしいてるのに
冴えない顔色となにをやってもとれない顔のたるみ

嘆きに嘆きまくっている今日の「おぶす顔」の人は必見です。

問題は加齢と頭皮

頭皮がガチガチに固くなっているのが原因かもしれません。

肌に比べると頭皮のケアはかなりサボりがちになっていませんか。

20代まではそれでもトラブルが発生していなくても30代になると徐々に表れます。

そう、
加齢によって頭皮は徐々に乾燥しやすくなり血行も悪くなるのです。

頭皮が乾燥しやすくなると、フケ、かゆみ、あかみといった複数のトラブルを起こす原因です。

年齢と共に体内の保湿成分が減少することで、潤いが失われていきます。

結果、
肌の状態は悪化しガチガチな不健康な状態になってしまうのです。

肌不健康な状態ではターンオーバーが遅れ毛穴が詰まり、ニキビができるなどの症状も発生します。

頭皮が乾燥し固くなると血行も悪くなり栄養が届かなくなるので抜け毛の原因にもなるので注意が必要です。

頭も顔も一枚の皮膚

日常意識することはほとんど皆無だと思いますが、
頭皮も顔も一枚の皮膚でつながっています。

血行が悪くなっている頭皮をマッサージを行うことで顔の血行もよくなり
顔のトーンが明るくなり目元もぎゅーっと引っ張られるのでハリを取り戻し
下にだらーんと垂れていた皮膚が持ち上がる効果を実感できます。

加齢により弱まる頭皮と髪質

加齢による頭皮や髪への影響は乾燥を招くだけでなく、
髪質にも影響をあたえハリコシがなくなります。

細胞の老化によりもので細い産毛のような髪しか生えななくなります。

このようになると、
気になってくるのは分け目、つむじなどが薄くなったように見えることです。

女性の薄毛の原因は男性とは違い外部的な要因が多いといわれていますが、
ほとんどの場合が、加齢による女性ホルモンの変化によるもの。
女性ホルモンの変化というのはエストロゲンの分泌が減少することでコラーゲンの生成が損なわれます。
そして、
髪の毛の成長を促進させ成長を持続させるホルモンでもあるので少なくなることで成長期が短くなり
抜け毛へつながりやすくなります。

解決策

加齢による衰えは全ての人に訪れます。
ですので完全に頭皮を乾燥から守ることは困難極まりません。
ですが、進行度合いをゆっくりにすることはできます。

お肌の対策と同様にスキンケア対策をしましょう。
まずはシャンプー選びを慎重に行い肌に優しいものを選択しましょう。
シャンプーが済んだら洗い方、乾かし方を見直し
しっかり潤いを与えるために女性用の育毛剤を使いましょう。

老化による頭皮ケアにはお肌と同様のケアが大変有効になります。

なにをやっても
顔色が冴えない
たるみが取れない
抜け毛が増えた
こんなときには
頭皮を疑ってみてください。